福岡に在る教会ホームページ

地元にあって合一である立場に立つ教会
(地方教会―ローカルチャーチ)


使徒14:23 そして、彼は召会ごとに彼らのために長老を任命し、断食して祈り、彼らが信じていた主に彼らをゆだねた。

テトス1:5 わたしがあなたをクレテに残してきたのは、あなたが残っている事柄を整理し、またあなたに指示したとおり、1都市ごと に長老たちを任命するためです.

テトス1:5ノート1 この言葉は、使徒行伝第14章23節にある「召会ごとに」という言葉と比較すると、都市が地方召会の管轄区域であるだけでなく、一つの都市には一つの召会しかあり得ないことをも示しています。地方召会の長老職の範囲は、その召会が存在する都市全体であるべきです。一つの都市における唯一の長老団は、キリストのからだのユニークな一が損なわれることのないよう保護します。一つの都市には、一つの長老団を持つ一つの召会だけがあるべきです。このような実行は、新約聖書の明白な実例によって説明されており、疑いの余地はありません(使徒8:113:1ローマ16:1Iコリント1:2啓示録1:11)。これは、地方召会で正しい秩序を維持するために絶対に必要な条件です。ですから秩序を正すために、使徒がテトスに行なうよう命じた最初の事は、都市ごとに長老たちを任命することでした。

抜粋:ウィットネス・リー 「新約聖書回復訳フットノート」、JGW日本福音書房
 


聖書にある教会は地方のものである

 聖書における教会は地方的です。新約全体に一つの例外も見いだすことができません。教会はすべて地方的です。エルサレムに在る教会アンテオケに在る教会コリントに在る教会などです。聖書にあるすべての例は地方的です。例えば、啓示録のエペソに在る教会スミルナに在る教会ペルガモに在る教会テアテラに在る教会サルデスに在る教会ヒラデルヒヤに在る教会ラオデキヤに在る教会はすべて地方的です。神はそれぞれの地方に一つの教会を定められました。地方と教会とは互いに等しいのです。地上の国は諸都市に分かれており、今日、地上で神の教会も諸都市に分かれています。この世には上海という地方があり、それゆえ神の御前には上海に在る教会があります。この世には南京という地方があり、それゆえ神の御前には南京に在る教会があるのです。この世には西安、蘭州という地方があります。それゆえ、神の御前には西安に在る教会、蘭州に在る教会があります。一つの地方になる大きさの場所がありさえすれば、その地方には一つの教会があるべきです。わたしたちのいる場所が地方ほどの大きさを持っていなければ、わたしたちは教会ではあり得ません。蘭州は神の目に十分大きく、地方となります。ですから、蘭州に在る教会があり得るのです。神の御前にこの問題はとてもはっきりしています。

抜粋:ウオッチマン・ニーウオッチマン・ニー全集第56巻「開かれた門」誌 第24号
    pp152-153、JGW日本福音書房
参照:ウィットネス・リー教会の認識」、JGW日本福音書房


What's new

2009.4.1 オンライン聖書回復訳のリンクを追加しました。

2009.1.18 回復訳聖書―通読カレンダーのダウンロードを追加しました。

2008.12.2 書籍紹介―ウィットネス・リー著:教会の認識を追加しました。

2008.12.2 JGW日本福音書房―代々木店の紹介を追加しました。

2008.12.1 福岡に在る教会ホームページを開設しました。

詩歌紹介

詩歌596
召会―キリストの燭台  伴奏
 

1.召かいはきんのしょく台, 主はそのともし火;しんせいなかがやきを,しょうかいはささげる。

2.しょく台はかみのいのち かがやかすゆえに,純金でかみの栄こうにふさわしくあるように。

3.このくらき時だいにて 神せいなひかりは,多くのひとを照らして, ひとに主をあかしす。

4.純けつなあかしのため,「はじめの愛」持てば, 勝利者の分けまえなる 「いのちの木の実」受く。

5.はくがい,苦なんに耐え,「いのちのかんむり」得, 霊てき姦淫に打ち勝ち, 「かくされたマナ」得る。

6.イゼベルのわざを捨て, 支配する権威得る; 死のけがれに打ち勝ち, 「しろいころも」を着る。

7.「ヒラデルヒヤ」のように 御名ことば,まもる; なまぬるさに打ち勝ち, 主とともにしょくする。

8.召会は純けつであって, 金のしょく台である; キリストを照らし出し, えいこうに満ち満つ。

9.いま,かく地の召かいは 地じょうのしょくだい, 将らい,新エルサレムは, えいえんのしょくだい。

10.聖なる純きんのみやこ, しよくだいの完せい; 主のともし火をささえ, えいえんにかがやく。

作詞:ウイットネス・リー

(全訳詩歌)

1.召会は金の燭台であって,
  キリストはともし火であり,神はその光です。
  神聖な光が主から輝き出て,召会は支え,栄光が輝きます。

2.ともし火から神聖な光が輝き出ます。それは命としての神の輝きです。
  ですから燭台は純金のものであって,
  神の聖なる栄光にふさわしくなければなりません。

3.この暗やみの時代に,神聖な命の光が輝いています。
  多くの人の間を照らし,主の証しを人に解き放ちます。

4.この純粋な証しとなるために,
  「初めの愛」を必ず守らなければなりません。
  このようであれば,勝利者の分け前,
  「命の木」を必ず享受することができます。

5.苦難や迫害を耐え忍んではじめて,「命の冠」を得ることができます。
  霊的な姦淫にも打ち勝ってはじめて,
  「隠されたマナ」を十分に食べることができます。

6.「イゼベル」のわざを捨てれば,支配する権威を得ることができます。
  死の汚れに完全に打ち勝ち,
  清く義である「白い衣」を必ず着ることができます。

7.「ヒラデルヒヤ」のように,主の言葉を守り,主の御名を否みません。
  「なまぬるく」自己満足することにすべて打ち勝ち,
  主と共に宴席に着いて,彼の豊富を享受します。

8.召会は必ずこのように純潔な,純金の燭台となって,
  主の純潔な証しにふさわしくなり,
  キリストを照らし出し,栄光に満ち満ちるべきです。

9.地上にある各地の地方召会は,この時代にこのような燭台となります。
  将来,聖なる都エルサレムは,永遠にわたってこの燭台となります。

10.聖なる都は純金のように尊く,主の燭台の最終の出現となります。
  永遠にキリストをともし火として支え,
  神聖な栄光の光を輝かし出します。

作詞:ウィットネス・リー